オンカジの税金対策

オンカジ 税金
スポンサーリンク

オンカジで遊んでいくらお金が増えるかな、なんて想像するだけでも遊ぶ前からワクワクしちゃいますよね。

だけど、オンカジで遊んでお金が増えた場合には、増えた金額に応じて納税しないと逮捕されてしまうこともあるそうです。

そこで今回の記事では、オンカジで増えたお金に税金がかかる税金の計算方法や税金がかかるタイミングについてまとめました。

オンカジで遊んでただけなのに逮捕されちゃった!なんてことにならないように、ぜひ参考にしてくださいね。

オンカジで増えたお金の税金はいくら?

オンカジで年額50万円以上お金が増えた場合には、競馬で得た配当金などにかかる税金と同じ「一時所得」とみなされて、所得税及び住民税が課税されるそうです。

このことからわかるように、年額50万円以下の場合は確定申告する必要がなく課税されることもありません。

つまり、1月1日~12月31日の1年間でオンカジで増えたお金の額によって税金を支払うのか、または、支払わなくていいのかが決まってきます。

国税局のホームページには「一時所得」とは何か、また「一時所得」の計算方法についても記載されているので参考にしてくださいね。

1.一時所得とは
一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
この所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
(2) 競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものを除きます。)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

2.所得の計算方法
一時所得の金額は、次のように算式します。

総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額
(注) その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。

国税局ホームページより引用

オンカジで増えたお金は、「1.一時所得」に記載されている「(2)競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)」に当たります。

そして、「2.所得の計算方法」で書かれている計算式を、オンカジの場合に置き換えてみると下記のような計算になります。

オンカジの一時所得=オンカジから引き出した総額-オンカジに入金した総額-特別控除額(最高50万円)

オンカジで増えたお金に税金がかかるタイミングは?

オンカジで遊んでいて50万円以上増えた場合には税金がかかることがわかったのですが、どのタイミングで税金がかかるのでしょうか?

オンカジで増えたお金に税金が課税されるタイミングは、オンカジからエコペイズなどのオンライン決済を経由して自分の銀行口座に出金した時点になります。

オンカジの所得税は、1月1日~12月31日の間に増えたオンカジの「一時所得」を、翌年の2月16日~3月15日に確定申告をして、納税することになります。

オンカジで税金逃れをしてもバレる、ってホント?

銀行口座に入金されると、その時点でお金の動きが記録されますよね。

オンカジに入金した額も、増えたお金を銀行口座に出金した額も記録が残ってしまうので、いくらお金が増えたのか税務署にも一目瞭然でわかってしまうので、オンカジでは税金逃れはできません。

まとめ

オンカジで遊んで50万円以上増えたお金には、税金がかかります。

欲を出して確定申告しないでいると、逮捕されることもあるので注意してくださいね。

オンカジサイトのミスティーノのようにボーナスマネーやキャッシュバックに出金条件のないカジノならボーナスマネーやキャッシュバック分も出金できるので、税金を素直に支払う気分になれるかもしれませんねw


ミスティーノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました